私たち「TAMA映画フォーラム実行委員会」は、毎年秋に「映画祭TAMA CINEMA FORUM」を開催しております。

TAMA CINEMA FORUMは、「映画」というものをきっかけとした「市民」の広場であり、世代・性別・立場を超えて、誰もが気軽に参加でき、楽しみながら活動できる出会い・交流の場として活動しています。その活動は、映画祭の企画・運営以外に、資金作りのためのフリーマーケットや日本の若手映像作家にスポットを当てた自主映画の定期上映会など様々な形態で一年を通じて行われます。

この厳しい社会状況の中、より多くの人により良い条件で「映画」を楽しんで頂けるよう、私たち実行委員は日々活動しております。

TAMA CINEMA FORUMのコンセプト

日本映画の活性化をめざして映画ファンのネットワーク作りをめざすTAMAからの発信

映画誕生2世紀を迎えた今日、「日本映画について」真剣に論議がされるようになってきています。ここ数年世界的にも日本映画への評価は高まってきてはいますが、一方映画産業は厳しさを増しています。文化庁においても、日本映画の活性化のために審議会を設け、何らかの方策を模索し始めています。

TAMA CINEMA FORUMでは、映画の今後の課題は「見る人、見せる人、創る人」の交流の場作りと考えています。

  1. 映画祭と通した創り手と観客との交流
  2. 映画ファンのネットワーク作り
  3. 人材の発掘
  4. 日本映画を上映する場の拡大

をフォーラムの活動として展開しています。

21世紀のまちづくりをめざして映画を通した新たなコミュニティー作りをめざすTAMAからの発信

人と人とが支え合うコミュニケーション作りが、「まち」の中で欠かせないことは言うまではありません。その必要性は深く認識されるようになってきています。それは、私たちがここ暫くの間に無意識に喪失してきたものであることも事実です。

まちの活性化は、そこに住む一人一人が『まちづくり』にどのような意識を持ち、どのように関わりを行っていくかによって大きく変わります。そのためには、そこに住む人が主体性を持って参加できる市民のためのコミュニティ作り、いわゆる皆が共感をし、行動する「創作文化活動」が必要となってきます。

その意味で、映画祭TAMA CINEMA FORUMは、私たちに世代や地域を超えた「共感」や「出会い」を持たせてくれる数少ない友好手段の一つであり、映画を中心とした市民の広場、誰でもが気軽に参加でき、また楽しみながら議論を交わす事のできるコミュニケーションの場として、もっとも適したものであると考えます。

「まち」があって「人」がいるのではなく
「人」がいて「まち」があるのだという原点を見据えながら
TAMA CINEMA FORUMは
「映画を通した21世紀のまちづくり」をめざします

実行委員会組織

名誉会長 阿部裕行(多摩市長)
名誉委員長 水野信利野坂きよか
委員長 竹内昇
副委員長 飯田淳二(兼チーフディレクター)上田裕一
会計 安藤紀子飯塚ふみ子(兼ディレクター)
会計補佐 遠藤弘樹尾川佳奈
監査 吉野治佐藤友則
ディレクター 山口渉宮崎洋平
委員 黒川由美子松田光平加藤彰義細川恵理友寄和宣芹澤美貴子松井利通徳永太郎中川暢子古田瑞歩深谷玄人菊池葉月内田崇正本間智青木康至矢部紗耶香中井智津子赤津萌子岩崎円香藤原ユリ前田安紀内音坊夏奈小林昭一小野寺綾子鈴木美香関果林矢野緋奈子中原章智都築彩花富山有樹北野実樹志賀麗香手嶋椋太朗寺田空福原佳奈小林史紀中村文音船越彩加長坂浩一田中はるみ石川祐妃