上映作品

今を生きる、わたしたちの群像

国内外の映画祭で高い評価を受ける濱口竜介監督の代表作『親密さ』の上映と、劇中歌を歌う岡本英之氏のミニライブを開催。映画の余韻と日常の風景が親密に出会う独特な映画体験をご堪能ください。

12月1日(日) ベルブホール 第2部

14:00~18:25
親密さ
18:30~19:00
ミニライブ
ゲスト・演奏:岡本英之氏 with バンド

チケット料金

  • 一般 前売:1,200円 / 当日:1,400円
    子ども(4歳~小学生) 前売:800円 / 当日:900円

Lコード:38167

親密さ

  • 2012年/ENBUゼミナール製作/4時間15分
  • 監督・脚本=濱口竜介
  • 撮影=北川喜雄
  • 編集=鈴木宏
  • 整音=黄永昌
  • 劇中歌=岡本英之
  • 舞台演出=平野鈴
  • 出演=平野鈴、佐藤亮、伊藤綾子、田山幹雄、新井徹、岡本英之

ストーリー

新作舞台の上演を間近に控えた演出家の令子と良平は、コンビで演出を手がけているが、そのやり方に次第に限界が見え始めて……。後半、彼等の作った演劇を大胆にもまるまる記録した本作は、映画と演劇、ドキュメンタリーとフィクションそれぞれの間を漂いながら、鮮烈で新しい映画体験を観客に与える。
 

コメント

映画の終わりはエンドクレジットではない。作品を思い出すたびに映画は続く。名画について考えるときに思うような、そんな素晴らしい余韻を残すのが、この『親密さ』である。

『親密さ』という演劇の公演までの準備風景を、フィクションまたはドキュメンタリーとして撮った前半と、その演劇をまるまる撮影した後半、そしてエピローグと、独特な3部構成をとっている本作。映画と演劇、フィクションとドキュメンタリーの間を交差する、境界不十分な255分を眺めているうちに、スクリーンのあちら側(映画)とこちら側(日常)の境界さえも揺らいでくる。そんな言葉では何とも説明しきれない映画体験と共に描かれるのは、今を生きる若者たちの青春群像である。

彼らが行き交う「距離」・過ごす「時間」を、温もりや匂いを感じるように体験していくなかで、完成の見えない稽古が演劇となるまでの日々を ―― 近づいては離れる恋人たちの揺れ動く関係性を ―― 夜がやがて朝になるまでの、その闇と光の移り変わりを ――想いが言葉となって形になる瞬間を ―― 劇場を後にする私たちの映画の余韻と日常の風景が出会うときを ―― それぞれの、確かに存在したかけがえのない「距離」や「時間」と、その間にあるぼんやりとしたものが『親密さ』というポジティブな響きで名付けられたことに気付いたとき、私たちは清々しい感動に包まれる。(宮)
 

『親密さ』構成について ―交錯する過去、追憶する未来、並走する現在―

『親密さ』には、映画と舞台劇の2種類がある。舞台劇の方は2011年3月1日、東京都中野区にあるウエストエンドスタジオで、平野鈴の演出により上演された。

映画の方は、舞台劇の本番までの約1ヶ月間の稽古風景をドキュメンタリー的に撮ったものと、それとは別に台本のあるフィクションとして撮ったものと、舞台劇の映像の3つで複合的に構成されている。映画の前半部分が、稽古風景の映像で、後半が主に舞台劇の本番となっている。

いずれも地震の前に撮られた映像が中心となっており、編集などのポストプロダクションのほとんどは地震の後に行われた。濱口監督と鈴木宏による編集作業は、結局1年かかり、その間、監督は仙台に拠点を移し、東日本大震災の被災者へのインタビューから成る『なみのおと』の制作にとりかかることになる。

日々、被災者へのインタビューをしながらの『親密さ』の編集作業はどのようなものであったろうか。偶然なのか必然なのか、『親密さ』の前半部分には稽古のなかでのインタビューシーンがあり、出演者が記憶を辿り、海で溺れた時に兄が命懸けで助けてくれた思い出や、恋人と喧嘩した時の孤独の苦しみなどを話し、人と人の繋がりや断絶をインタビュアーに打ち明ける。

3月11日まで撮られた数々の映像は、3月11日以降に被災地でインタビューされた数々の人の言葉のなかで、紡がれたと言ってもいいかもしれない。

また、2011年3月に撮られた「2年後の2013年」のエピローグのシーンは、震災を経た2013年に生きるわたしたちにどのように響くのだろうか。(半)

ミニライブ

ゲスト・演奏:岡本英之氏 with バンド(岡本英之=vocal 松本頼人=guitar 大山憲治=bass 渡辺聡彦=drums)

岡本 英之 氏
Okamoto Hideyuki

1979年生まれ、岡山県出身。大学在学中よりバンド活動を開始。The Chronicles(2001~07年)のボーカリストなどを経て、現在はソロアーティストとして活動。濱口竜介監督作品『親密さ』ほか、映画作品への楽曲提供も多数行っている。

Copyright © 2000-2013 TAMA CINEMA FORUM. All rights reserved.