2016.06.03

[特別上映会]「越後妻有の里山暮らし。」― ドキュメンタリー『風の波紋』上映決定! 2016年7月16日(土)にベルブホールで開催

20160716_1.jpg

2016年7月16日(土)に開催する特別上映会の作品が『風の波紋』(小林茂 監督)に決定しました。

『風の波紋』は、新潟県の豪雪地帯・越後妻有(えちごつまり)の里山に暮らす人たちを描いたドキュメンタリーです。木暮さんと草木染職人の松本さんをはじめ、都会から移住した人たちが手探りで自然とかかわりながら生活する様子や、さまざまな場面で住民が互いに協力する姿をとらえています。

東京から15年前に移住した木暮さん夫妻は、この集落で見よう見まねで田植えや茅葺きなどを行なってきました。そのようななか、2011年3月に新潟・長野県境地震が集落を遅い、自宅の古民家が全壊状態に。考えた末、木暮さんは自ら再建しようと決意します。本作では、個性豊かな仲間たちが四季折々の自然と付き合いながら助け合って生きる姿が丁寧に描かれています。

『風の波紋』TAMA映画フォーラム特別上映会

開催日:2016年7月16日(土)
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山5F)

上映スケジュール

10:30-12:09 第1回上映
13:00-14:39 第2回上映
15:30-17:09 第3回上映
18:00-19:39 第4回上映

チケット

[前売・インターネット予約]
大人(中学生以上)のみ 1,000円
※6月11日(土)一般発売
※インターネット予約は特設ページにて受付中

[当日]
大人(中学生以上)1,200円
子ども(4歳~小学生) 600円
TAMA映画フォーラム支援会員 600円
障がい者とその付添い者1名 各600円

外部リンク:

『風の波紋』公式サイト

20160716_2.jpg