2014年3月アーカイブ

2014.03.08

[特別上映会] 『ペコロスの母に会いに行く』前売チケット発売!! 4月12日(土)にベルブホールで開催

4月12日(土)にベルブホールで開催する『ペコロスの母に会いに行く』特別上映会の前売チケットが本日発売となりました。多摩市立永山公民館(祝日・休館日を除く9:00~17:00)、多摩市役所売店「ひまわり」、聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F「喫茶 風」、多摩センター「くまざわ書店 丘の上プラザ店」にてお求めいただけます。インターネット予約も受付中です。

 

『喜劇・女は度胸』や『男はつらいよ フーテンの寅』などを手がけてきた85歳の巨匠・森﨑東監督が9年ぶりに挑んだ最新作で、漫画家・岡野雄一のエッセイ漫画「ペコロスの母に会いに行く」の映画化です。岩松了が主人公・ゆういちを、89歳にして映画初主演となる赤木春恵が認知症の母・みつえを演じています。深刻な社会問題として語られがちな介護や認知症を笑いと愛の溢れる喜劇映画として描き、「2013年 第87回キネマ旬報 日本映画ベスト・テン」第1位に選ばれるなど、高い評価を得ました。当日は第1回上映後に村岡克彦プロデューサーを迎えてトークを行ないます。

peco_sub1.jpg 
上映日:2014年4月12日(土)
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館)


●上映スケジュール

10:30-12:23 第1回上映
12:23-13:00 トーク ゲスト:村岡克彦プロデューサー
13:30-15:23 第2回上映
16:00-17:53 第3回上映
18:30-20:23 第4回上映
※全席自由・各回入替制。開場は15分前です。
※第4回上映に「感想の時間」はありません。
※チケットは各回共通ですが、集中混雑により入場制限を行なうことがあります。
※上映時間は変更になる場合があります。


●チケット料金

[前売・インターネット予約]
大人(13歳以上)のみ 1,000円

[当日]
大人(13歳以上)1,200円
子ども(4~12歳) 600円
TAMA映画フォーラム支援会員 600円
障がい者とその付添い者1名 各600円


詳細・インターネット予約は上映会特設ページに掲載中です。
 

外部リンク:
『ペコロスの母に会いに行く』公式サイト

 

2014.03.07

[特別上映会] 『ある精肉店のはなし』上映決定! 5月6日(火・祝)にベルブホールで開催

5月6日(火・祝)に開催する特別上映会の作品が『ある精肉店のはなし』(纐纈あや監督)に決定しました。

 

『祝の島』の纐纈あや監督の長編ドキュメンタリー第2作で、大阪府貝塚市にある北出精肉店と人びとの姿を温かいまなざしで切り取った最新作です。「いのちを食べて人は生きる」――いわれなき差別を受け続けてきた父の姿を胸に刻み、家業を継いで7代目となる兄弟とその家族。牛の肥育から精肉までを営むなかで、牛は屠畜・解体されて肉や太鼓となって生まれ変わってきました。しかし、2012年3月、代々使用してきた屠畜場が102年の歴史に幕を下ろすことに。仕事に対する誇りをもって自らを律して生き、生の本質を見つめ続けている一家の1年間に寄り添います。

 

当日は上映後に15分間の「感想の時間」を設けて感想の共有を行なう予定です(鑑賞された方は参加自由)。また、『ある精肉店のはなし』プロデューサーで写真家の本橋成一氏の写真集「屠場〈とば〉」から数点をロビーに展示します。

 

10002640_670310293015126_482264427_n.jpg

 

『ある精肉店のはなし』上映会特設ページ

 

上映日:2014年5月6日(火・祝)
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館)


●上映スケジュール

10:30-12:20 第1回上映(~12:35「感想の時間」)
13:30-15:20 第2回上映(~15:35「感想の時間」)
16:00-17:50 第3回上映(~18:05「感想の時間」)
18:30-20:20 第4回上映
※全席自由・各回入替制。開場は15分前です。
※第4回上映に「感想の時間」はありません。
※チケットは各回共通ですが、集中混雑により入場制限を行なうことがあります。
※上映時間は変更になる場合があります。


●チケット料金 ※4/5(土)発売

[前売・インターネット予約]
大人(13歳以上)のみ 1,000円

[当日]
大人(13歳以上)1,200円
子ども(4~12歳) 600円
TAMA映画フォーラム支援会員 600円
障がい者とその付添い者1名 各600円


詳細・インターネット予約は上映会特設ページににて。是非ご注目ください。
 

外部リンク:
『ある精肉店のはなし』公式サイト