2013年08月21日

映画祭Blog終了のお知らせ

当ブログは映画祭サイトリニューアル作業に伴い、一旦終了といたします。

映画祭情報につきましては映画祭公式サイトをご確認下さい。

今後とも映画祭TAMA CINEMA FORUMをよろしくお願いいたします。

2013年01月06日

●アンケートプレゼント当選者の声 パート2

イヤホン届きました。
うれしかったです。
これからも映画見に行きたいです。
 のの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


入場料以上の賞品をいただきラッキーです。
ありがとうございました。
来年も是非、観賞に伺いたいと思います。
 ○木○一

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


たくさんのアンケートの中から選んでいただき
ありがとうございました。
賞品が届いてびっくりいたしました。
映画も、すごく心に残る作品で観てよかったですので、
運営がんばって下さい。
  カリン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


アンケートの抽選賞品たしかに受けとりました。
ありがとうございます。
歩数計は携帯についているものを利用していましたが、
もう少し本格的なものがほしていと思っていましたので、うれしかつたです。
20日に届き、早速登録して使用しています。
1週間たったところですが、名前のとおり歩数はもちろん、消費カロリーや
メモリとして履歴や合計歩数がわかるのがとてもよいと思います。
HPもみて、もっとくわして使い方をマスターしようと思います。
どうもありがとうございました。
  MOGU


2012年12月29日

●アンケートプレゼント当選者の声

映画鑑賞券が当選しました。ありがとうございました。
映画は好きなので、とてもうれしいです。
「映画祭」は、毎年楽しみにしています。
  豊ケ丘 ○丸

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。
昨日、当選の通知と映画鑑賞券をいただきました。
ありがとうございます!
初めて参加した映画祭では11本の映画と楽しいトークショー、サイン+握手会、表彰式を体験することができて
本当に夢のような充実した日々でした。
スタッフの皆さまの生き生きと、きびきびとした動き、入口や出口でお出迎えしていただいた時の素敵な笑顔が心にとても残っています。
こんな素敵な映画祭がある多摩に転居できてラッキーだったなと思います。
来年もぜひ参加したいです。
○川○子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グルメチケット届きました。ありがとうございます。
門○

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画祭の授賞式会場にてアンケートを記入し、
ワーナーマイカルシネマズの鑑賞券が当たりました。
かなり嬉しかったです。
有り難うございます。
何を観ようかと思案するのも楽しいです。
次回の映画祭も楽しみにしています!!
Dam-pee

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TAMA映画フォーラムからの贈り物に驚きまして、まさかアンケートの?
と思い…思わぬプレゼントに喜んでいます。
有難度うございました。今後健康管理に役立つと思います。
はま~こ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表彰式の日、朝から最後まで観ました。
お尻の痛みに耐えつつ、になりましたが
映画に熱い情熱を注ぐ方々のかもし出す空気を間近にして、
刺激を受けました。血圧計当選はよい記念になります。
ありがとうございました。
 シネマ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多摩の映画祭ご苦労様です。毎年楽しみにしています。
今年は「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」「別離」を見ました。
「別離」は良い映画でとても感動しました。
アンケートのプレゼントに当選したとのこと。ビックリです。
クジ運のない私が…。還暦を過ぎ、まだまだ頑張って映画を見るためにも元気でいよう。
来年も良い事がありそうです。
  NONKO

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

血圧計ありがとうございました。血圧が高いので大変感謝しています。
映画楽しく見せて頂きました。
またよろしくお願いいたします。
  ○日○子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

役所さんの映画とトーク、大満足いたしました。
普段なかなか映画館に出かけることができませんが、映画祭などがあると、
それがスイッチになり、しばらく「映画ぐせ」がついて、映画館通いがはじまります。
今回もスイッチが入り、楽しんでいます。
多摩に引っ越して23年、この映画祭のお陰で、いろいろ映画を見るようになりました。
感謝しています。
来年もまた、11月を楽しみにしています。頑張って下さい。
  runrun

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

え~~~っ!! 当選? びっくりしました(・o・)
素敵な血圧計をありがとうございます。
多摩のサンタさんは、シャレた事をなさいますね。
私も62才健康管理には関心が高いお年頃なのです。
つたない感想でしたのに…大切に使わせていただきます。
実は今年やっと多摩デビューしました。
映画祭にもはじめて参加し、5本も映画をみて、
存在感が靴をはいているような役所広司さんにも会えて…超ハッピーな一時でした。
これからも楽しみにしています。
   コータのグランマ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございました…サンリオピューロランド招待券当選♡
息子大喜びで、久しぶりにピューロランドのボート沢山のりたい^u^と目を輝かせてます。
女の子の仲良い友達を誘ったら?と言いましたが、家族3人にて行きたいとの事(笑)
1人足出ちゃいますが、母も質の高い(ミュージカル?)お芝居見たいので楽しく行かせていただきます。
来年も楽しみにしております。
   ○井 ○子・○人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パルテノン多摩小ホールにて「キツツキと雨」「わが母の記」を観させて頂きました。
2本とも心温まる映画でした。
今回プレゼントが当選して、ほんとうにありがとうございました。
早速友達と一緒に観に行きます。
来年も参加したいと思います。
○江○子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画祭には初めから見に行っています。
見のがした映画やなかなか多摩地区では上映されない映画が見られ感激したこともありました。
 今回も夫と何回も見に行きました。
実行委員会の方々のおかげです。ありがとうございました。
 さて、今回、極楽湯の招待券が当りびっくりしました。
極楽湯は、まだ行ったことがありません。この機会にゆっくり楽しんできたいと思います。
 重ねがさね、ありがとうございました。
   稲城市 ○越○子(69才)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供達を預けて、久しぶりに夫婦2人で多摩シネマフォーラムの映画を鑑賞させて頂きました。
観たのは、大泉洋さんの出演作品で
夫婦のほっこりと幸せを感じられる素敵なモノと探偵のハードボイルドもの。
1日に全く異質の作品を2人で見て
ものすごく、心にいつまでも残るすばらしい1日になりました。
それなのにプレゼントまで頂けるとは!!!!
実行委員の方々への感謝はもちろん、
映画を見に行くようすすめて、孫を預かってくれた義父母に感謝です。
ありがとうございました。
   チヨ子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンケートを出したことすら忘れていたので、賞品が届いて、とてもビックリしました。
ありがとうございます。
これからも映画祭を続けて下さい。
また来年も足を運びたいと思います。
   もっふもふ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このたびはありがとうございました。
地元多摩で気軽にこれだけの作品が鑑賞できることは本当にラッキーだと思います。
もっとPRしてたくさんの人に多摩センに来てほしい…反面、
プレゼント当選の確率が下がってしまう…ジレンマです。
   みかん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさかの当選で、ビックリ&うれしく思っております。
「TAMA CINEMA FORUM」は映画を身近に感じられるよい取り組みだと思います。
普段なかなか見ないようなジャンルの作品も幅広く扱っているので、
これを機に観てみようという気になりました。
今後も継続実施いただけるのを期待しています!
   みきてぃ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさか当選するとは思っておりませんでしたので、
今回は大変驚きました。ありがとうございます!
TAMA CINEMA FORUMには初めて参加させて頂き、
役所広司さんのご来場もあり、大変楽しめました。
映画2本を続けて観るのは残念乍ら時間が都合つかず、
『わが母の記』のみでしたが映画公開中にはみられなかった為、嬉しかったです。
私は、最近は人間ドラマが好みなので、今後の映画祭でもどんな映画が紹介されるか楽しみです。
小さめの映画館でしか上映されない作品の中でも、良いものが沢山あると思います。
   makoまっこり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンケートに感想を書きたい気持の方が強くて
何気なく応募欄に丸をつけたので当選していておどろきました。
映画祭で当たったイヤホンなので
しばらくは今年公開した映画のサントラを聴くのに活用しようと思います。
先日の映画祭の表彰式すごく豪華でした!
素敵な映画祭&プレゼント本当にありがとうございます。
   citron

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画好きは昔からでしたが、好きなジャンルがもっぱら洋画のアクションもの、アドベンチャーものか
日本の特定俳優もので、今回はじめて多摩の映画祭で、
しかも役所広司さんの映画もほとんどはじめてでしたが、2作品とも大変に感動しました。
次回作が、三谷幸喜作品で柴田勝家とのことで、大変に関心が持てます。
来年秋の公開のようですが、今から楽しみです。
また、いただきましたイヤホン、ソニーのデジタルウォークマンを日頃から愛用しており、
こういったものを欲しかったのでとてもよかったです。
  elle

2012年11月11日

●NW監督出身新作コーナー2012年冬以降の劇場公開作品4.5

内田伸輝 監督 二作品


おだやかな日常

さまよう獣
01_K%3AS_0103-3.JPG

内田コメント
第13回TAMA NEW WAVEに入選された皆様、おめでとうございます。
毎年この映画祭から新たな才能が発掘される事、嬉しいと同時に恐怖を感じます。
僕も皆さんに負けないように、作品を作り続けます。

「おだやかな日常」
12月22日(土)より、ユーロスペースほか全国順次ロードショー! 

監督・脚本・編集:内田伸輝 プロデューサー:杉野希妃、エリック・ニアリ 
撮影:角田真一
出演:杉野希妃、篠原友希子、山本剛史、渡辺杏実、小柳友、渡辺真起子、山田真歩、西山真来、寺島進
2012年/日本、アメリカ/日本語/102分/英題:Odayaka/HD/カラー/Stereo
製作:「おだやかな日常」製作委員会 制作・配給・ワールドセールス:和エンタテインメント

2012年/日本、アメリカ/カラー/102分/HD/Stereo/日本語
HP:http://www.odayakafilm.com
Twitter:http://twitter.com/odayakafilm
Facebook:http://www.facebook.com/odayakafilm

山崎真実映画初主演 
「さまよう獣」
2013年2月2日(土)より 渋谷ユーロスペース、名古屋シネマスコーレ 公開決定!

豊かな自然に恵まれた田舎の村。都会からやってきたキヨミは、老女・キヌに拾われる。孫同然のマサルと三人で囲む食卓でキヨミはどう振舞えばいいのか分からない。作家を夢見るものの牛の世話をしているシンジといると「気持ちが楽になります」、一生トマトの栽培だけで
終わるかもしれないタツヤといると「元気になる」と言っては男たちを喜ばせてしまう。男たちは身も心もはちきれんばかり。開け放した風呂
場の窓から彼女の下着姿を見てしまったマサルはドギマギするしかない。おだやかな村は動揺し始めるが、日々の食卓は続く。そんな折、
老女が倒れ、女を追って男が乗り込んできた…!

【CAST】 山崎真実、波岡一喜、渋川清彦、山岸門人、森康子、田中要次、津田寛治􁴕

【STAFF】 監督:内田伸輝 脚本:内田伸輝、野口照夫
音楽:野崎美波 撮影:平尾徹 照明:斉藤久晃、金子拓矢 録音:古茂田耕吉、辻祥子
メイク:五十嵐広美編集:深沢佳文 プロデューサー:西前俊典エクゼクティブ・プロデューサー:竹内崇剛、小林智浩製作:アミューズソフト、日本出版販売 ©2012「さまよう獣」
Partners 配給:マコトヤ【SPEC】 2012/JAPAN/16:9/STEREO/94min/HDCAMmaster/BLU-RAYscreening


【内田伸輝FILMOGRAPHY】 絵手紙を描く男のドキュメンタリー『えてがみ』(PFFアワード2008審査員特別賞)、身勝手な男の純愛悲劇
『かざあな』(第8回TAMA NEW WAVEグランプリ)、男女四人・むきだしの本能が疾走する『ふゆの獣』('10/第11回東京フィルメックス最
優秀作品賞)、事故直後から内田の脳裏を離れない3.11をモチーフにした『おだやかな日常』('12/第13回東京フィルメックスコンペ部門
正式上映)。『さまよう獣』('12)。

●NW監督出身新作コーナー2012年冬以降の劇場公開作品③

木村文洋監督

スチール
ainoyukue001_large.jpg

メッセージ
TAMA CINEMA FORUMの皆さま、ご無沙汰しています。
4年前の2008年に―、第9回TAMA NEW WAVEコンペティションにおいて『へばの』を上映して頂いた木村と申します。『へばの』は青森県六ヶ所村における原発のゴミを再処理する工場の近くに生きる―1組の男女をフィクションで描いた映画でした。TAMA CINEMA FORUMで国内初上映をして頂いてから4年間、『へばの』を国内外で上映しながら、この映画で扱った問題について私達自身はどう考えていけるのか、なにが変わるのか―そういったことを考えながらすぐに4年が過ぎてしまいました。その間に昨年、東日本大震災と福島第一原発事故が起こりました。映画のことはおろか、自分がどう生きるべきか分からなくなっていた時期―ただ何も変わらない東京の部屋が眼前にありました。
 12月に公開します『愛のゆくえ(仮)』は、私の4年ぶりの最新作になります。
震災から一年後の春、長年の時間に決着をつける一組の男女の映画です。これは昨年大晦日に出頭した、元オウム真理教幹部の平田信と、彼を偽名でかくまっていた女性とをモチーフにしています。彼が出頭した理由が―昨年の大震災での不条理を観て情けなくなったからだという証言が忘れなくなり、私はこの映画を撮ることにしました。17年間という途方もない年月―変わらなかったもの、信じていたもの。それを最後にわたしとあなた、とで答えを探し、決断すること。それを考えて撮ることはもしかしたら自分にとってこの17年、昨年一年の時間が何であったかを、考えることにもなるかもしれないと思いました。
 
『愛のゆくえ(仮)』 (2012年/86mins/HD/前川麻子・寺十吾 主演)

 ■ポレポレ東中野公開
  12/1(土)~3週間公開
  ※最初の1週間21;00よりレイトショー、2週目12月8日より16;30-より、21;00-よりと2回上映になります。
  http://www.mmjp.or.jp/pole2/


 ■大阪シネ・ヌーヴォ公開
  12/22(土)~
  http://www.cinenouveau.com/index.html

●NW監督出身新作コーナー2012年冬以降の劇場公開作品②

②堀内監督
作品スチール


監督からの宣伝メッセージ
 「耳をかく女」は11/24~12/7まで新宿のK’sシネマにて
  レイトショー公開させて頂きます。
  耳という特異なテーマのもと震災後の若者の日常、恋愛を描いた作品です。
  何も聴きたくないそんな時代に聴こえるものは、そんな想いを込めた作品です。
  ぜひご覧頂けたらと思います。

今年のNW監督・観客に一言
 まず、映画祭は映画のお祭りだと言う事。
 制作者は映画が無事完成し、そのお祭りで上映出来る喜びを、
 観客の皆さんは異なる価値観を持った様々な映画を見る豊かさを、ぜひ感じてほし
いです。

【あらすじ】

震災後、恋人に裏切られ、やっと掴んだ就職先も失った光田絵菜は「耳」を閉ざした。行き場を無くした彼女は友人の紹介で皮肉にも「耳かき店」で働く事に。社会とは切り離さ­れたような場所で絵菜は初めて自分自身を見つめ始める。そんな時、絵菜に、彼女の閉ざした耳に心を奪われた青年・吉伸が現れる・・・


出演:桜木梨奈 中田暁良 広澤草 宇野祥平 笠原紳司 正木佐和 安藤一人

監督・脚本・編集:堀内博志

2012/日本/カラー/HD/107分/Ⓒスターボード

「 耳をかく女」  オフィシャルHP http://mimi-movie.perfect-world.me/

新宿K's cinema  http://www.ks-cinema.com/
11.24(土)~12.7(金)期間限定レイトショー!!
連日20:50~

耳をかく女 予告編URL
 http://www.youtube.com/watch?v=rA1BzVkJ64E

2012年11月07日

●NW監督出身新作コーナー2012年冬以降の劇場公開作品①

①山岡大祐監督

作品写真

作品へのコメント&コンペ監督(またはTAMA映画祭)へのメッセージ

 久しぶりに自分の作品を劇場にかけて頂ける事になりました。
小さな映画ほど、映画館で見てもらう事が難しくなりつつあります。この機会を喜ぶのと同時に、この先僕らが撮った映画をどうやって皆さんに見て頂くのかを考える契機になればと考えています。TAMA映画祭はこれからも作品とお客さんを繋ぐ場であり続けてください!


作品情報

作品題:『全力映画』
公開予定 11月17日(土)より11月30日(金)まで、2週間レイトショー
都内上映館 吉祥寺バウスシアター
監督・脚本 松永大司、山岡大祐、三宅伸行、森英人 (4作品短編オムニバス)
出演者 土井 晃範 中村安理 大和 丸山 いずみ 木村 紗貴 田村 智浩 高野 春樹 南部 真人
上映時間 87分
配給  フィルメアルテ
作品公式サイト http://zen-ryoku-eiga.com

あらすじ・作品紹介
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界の映画祭で絶賛された『ピュ~ぴる』の松永大司監督を始め、サンダンスNHK脚本大賞の受賞者
である山岡大祐監督、テキサス・オースティン映画祭でのグランプリ受賞経験のある三宅伸行監督、
橋本愛、能本玲奈を発掘した森英人監督、と次世代を担う若手監督たち4人がそれぞれの【出会う】 を映像化した短編オムニバス映画。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
予告編動画
 http://www.youtube.com/watch?v=5mXAYAQJzJY&feature=youtu.be

2012年11月04日

●11/17 第1部 スウェーデン発ーアスペルガー症候群から描いた独自の世界ー「シンプル・シモン」ゲスト大野更紗氏 詳細紹介ページ、毎日更新されます!

このページは、
11/17 
第1部 スウェーデン発ーアスペルガー症候群から描いた独自の世界ー
■「シンプル・シモン」の作品 
■ ゲスト大野更紗氏 のもっと詳しい紹介ページになります。
7日より毎日、実行委員の感想など、がアップされますので、ぜひチェックしてください。


11/14更新 シンプル・シモン感想9

世界の音楽輸出大国スウェーデン

今から約35年前—。
TVの人気歌謡番組からスウェーデン出身のABBAが歌う「Dancing Queen」が日本中に広まりました。
当時、子どもだった私の耳にはABBAの曲がとても新鮮に聴こえてきました。
歌詞の内容に関しては当然全くわかりませんでしたが、聴いたこともないクリーンなメロディーと、
土臭くない曲調に惹かれ、歌謡番組にABBAが出演するのを楽しみにしていた思い出があります。
今にして思えば、Swedish pop体験前夜の出来事だったのです。

映画『シンプル・シモン』Swedish pop全開の映画です。
Swedish popのてんこ盛り、ベスト版のような作品です。
その中から何人かのアーティストを紹介します。

Maia Hirasawa 日本人の父とスウェーデン人の母の間に生まれ、スウェーデン・日本でライブを数多く行っているアーティスト。
YouTubeを中心に世界規模に広まった「九州新幹線全線開業」の感動CMで有名になりました。
花王「エッシェンシャル」や大塚製薬「ポカリスエット」のCMも彼女の曲。クリーンなイメージが企業にはピッタリだったのでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=gTB3NXXS5hQ

Miss Li ちょっとレトロなアレンジで心地いい曲がいっぱいです。バンドのメンバーも多く、管・打楽器を多様したアコースティックなところがいいです。
日本ではパーカッションが全面に出てくるバンドは見当たりません。60's全開で、みんなで演奏してる一体感が伝わります。
2009年、iPod nano のCMを観て嬉しくなった記憶があります。
http://www.youtube.com/watch?v=yAu2SoDQVD0

Lykke Li 2008年デビューアルバム「Youth Novels」が国際的なヒット。エレクトロ・ポップな曲調が世界を虜にしました。
2ndアルバム「Wounded Rhymes」ではブードゥー・ドラムの鼓動が常に響き渡ります。2011年、私のベスト・ワン アルバムです。
facebookいいね!は84万人、全世界から愛されています。
Lost Sessionがこの出来です!
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=xOmO34DKsXU

最後に、Swedish popではありませんが、Richard Strauss ドイツ人の作曲家です。
SF映画音楽の代名詞的存在「2001年宇宙の旅」のテーマソングはあまりにも有名です。
冒頭で終わる作曲家、などの酷評も数多く聞かれますが、ワーグナーから受け継いだドイツロマンを最後まで引き継いだその精神は誰も真似できない偉業です。
交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」は1896年に作曲。S.キューブリックがこの曲を全世界へ打ち放ち、木星にまで到着しました。
http://www.youtube.com/watch?v=e-QFj59PON4&feature=fvwrel

映画(動画)・音楽は世界とつながる最強ツール。でも、シンプルな自分が見ている世界は「自分だけ」の世界。
眼の前の世界と自分とのバランスコントロールを保つには、対等・公正な立場を常に失わないシンプルな生活から始まるのではないでしょうか。
「愛を育むことと、たっぷり煮込んだソースを作るには時間がかかる」
バスの運転手のシェフの言葉通り、時間をかけてシンプルでおいしいもいのを作りましょう。
「みんなファーストフードばかりで残念だよ」シェフは嘆いています。

実行委員 中村


11/14更新 シンプル・シモン感想8

気持ちよく治まる世界。すべてが澱みなく流れている世界。
シモンはこの快適な世界を生きる為に
日々突き当たる障がいと戦いまくっている。
リズミカルな音と跳ねる色彩の中、
シモンの宇宙船が正反対の極を見つけるべく旋回していく。
・・・・何の事なのかわかんないでしょう。
本編見てね。ポップな(古いね)青春映画です。(本当は中身重いけどね)。
「別離」(映画祭でやります)とも背景はかなり似ているんだけど、
こんな映像に出来ちゃうんだって素直な驚きもありますよ。
ラストはやっぱり素敵です。大野更紗さんのコメントが是非訊きたくなりますよ。

実行委員 竹内(の)

11/13更新 シンプル・シモン感想⑦

アスペルガー症候群を描いた取扱説明書みたいな物語かと思いきや、全然固くない!
宇宙の世界が広がるSF映画のようかと思えば、ポップな色彩が広がるカラフルな映画でもある、
そんな世界観のなかなか触れることのないスウェーデン映画をぜひご堪能ください。(広)

実行委員 広瀬

11/11更新 シンプル・シモン感想文⑤

作品を観ていて思い出した言葉。
“the apple of his eye(彼の大切なもの、かけがえのないもの)”
聖書の中で使われていたように思う。
シモンにとっての“the apple”はなんだろう?
大好きなお兄ちゃん? 宇宙船の役目を果たしているドラム缶?
起きる時間から毎日食べるメニューまで決まっている規則正しい生活?
一緒に暮らしていたガールフレンドが出ていってしまって、いつものお兄ちゃんでなくな
ってしまった →
お兄ちゃんが変だとシモンの秩序だった生活も崩れてくる →
お兄ちゃんに新しい彼女ができれば元の生活が戻ってくるはず、
と論理的に考えるシモンが始めたお兄ちゃんの彼女探し。
人と関わるのが苦手なシモンが、目的のために一生懸命に計画を立て、いつの間にかまわ
りの人を巻き込んでいく。計画を遂行して満足そうなシモンの顔と、予想どおりでなかっ
た結末への反応。
人間って不思議だ。
アスペルガー症候群のシモンほどではないにしても、皆知らず知らずのうちに自分のルー
ルを作って、その秩序の中で自分を守るようになる。それを乱されると動揺したり、ショ
ックを受けたり。
誰もが、どこかおかしな部分を抱えながら生きているんだよね、とつぶやきたくなる作品
だった。シモンにとっての“the apple of his eye”は物語の最後で見つかったんじゃないか
な。

実行委員 飯塚さん

感想⑥

きっと、シモンのような部分って、障害の有無に関わらず誰しも持ってると思います。
兄弟の関係を軸に、少ない登場人物で丁寧に作られた作品ですね。
インテリアや小道具などの演出がポップでこだわってるのも、監督の作品への愛を感じます。
人と人が出会って生まれる化学反応、大切にしていきたいですね。

OG 小川さん


11/10 更新 
「シンプルシモン」感想文その④

**********
『シンプル・シモン』コメント
**********

人生、予想外。
たくさんの教訓からヒントをみつけるシモンの行動力に拍手!

複雑になりすぎているかもしれない現代社会でシンプルに生きることが、
難しくも、カッコよくもあって、みんなどこかでミラクルを求めてる。

“シンプル”っていいですよ。
込み入っていなくて、無邪気で、誠実で、やさしいということだから。

上手くいこと、いかないこと。そんなときに寄り添えるひとがいることが大きな支え。
話を聴き、向き合い、互いに尊重しようとすること。

案外むずしいそれらのことが、やっぱり大事なんだと気づかせてくれる。
そんな、こころ温まる作品に出会えたことに感謝しよう。(渉)

**********



11/9 更新
「シンプルシモン」感想文その②

単純におもしろい映画でしたね。
障害を題材にはしているが、それは素材に過ぎず、明るい人間賛歌という印象をもち
ました。出てくる人が、「いい人」ばかり。
映画については、わかりませんが、非常に練り上げた作品だとおもいます。

実行委員 とのぐささん

「シンプルシモン」感想文その③

テーマはある意味では深刻ですが何故かほっとする映画でした。愛と恋が問題を解決するとゆうまさに題名のシンプルシモンです。

実行委員 高橋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11/8 更新
「シンプル・シモン」感想文その①


ミック・ジャガーのような風貌で、中身はまるでデジタル感覚の宇宙人。
自然体でシモン役を演じた役者がキュートでいたく気に入りました。

20年ほど前の映画作品「ギルバート・グレイプ」を彷彿とさせるストーリーで、
両親さえ手こずるアスペルガー症候群の弟をこよなく愛し、
宇宙飛行士ごっこを一緒に楽しんで付き合う兄と
またそんな兄が大好きで何とか彼女を見つけてあげたいと願う弟の交流を、
ポップな映像感覚でコミカルに仕上げている作品です。

電気をつけるときは、スイッチ3回押さなきゃダメ。
トーストのパンの形は円でなきゃダメ。
必ず同じ時間に曲がり角に着かなきゃダメ。

アスペルガー患者にとって、このリズムが少しでも狂うと
パニックを起こすというのはよく聞く話です。
決して映画のシーンが誇張されすぎているのではなく、
むしろ事実に近いくらいかもしれません。

自分の世界で生き、宇宙のように自分にも感情はないと思っていたシモンに
運命の(?)女性の登場によって、自身が口に出すのと反対の行動を
無意識にやっていると指摘されたこと、
周りの景色・自分以外の人々の存在に気づいていくことで、
最後には自分にも揺れ動く感情があると笑顔で示したシモンでした。

ともすれば、「障がいと向き合う」という深刻に捉えがちなテーマを
サラリと流しながらも肝心な軸はずらざずに描かれてある。
だからこそ、見終わって印象に残るのだと思います。

私の好きなジャンルの作品でした。

OG 酒井

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「シンプル・シモン」作品情報 
“作品情報”
昨年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭審査員特別賞を受賞しこの冬トーキョーノーザンライツフェスティバル2012で好評を博したスウェーデンの作品『シンプル・シモン』を上映します。
北欧ならではのカラフルでポップな世界を舞台に、アスペルガー症候群の青年シモンとその兄のちょっとおかしな日常を描いたコメディ作品です。みんな変でみんないい。人と違うということや不器用だということが少しだけ愛おしく思える、そんな温かさのある作品です。スウェーデンの名優:ステッラン・スカーシュゴード(ステラン・スカルスガルド)の息子:ビル・スカーシュゴードが主人公シモンを演じているのも見所の一つ。

【プロフィール文】
大野更紗(おおの・さらさ)
1984年福島県生まれ。作家。難病当事者。
2008年上智大学外国語学部フランス語学科卒業。
ビルマ(ミャンマー)難民支援や民主化運動に関心を抱き大学院に進学後、
自己免疫疾患系の難病(皮膚筋炎,筋膜炎脂肪織炎症候群)を発症。
現在は都内で闘病・在宅生活をしながら、難病や障害政策に関する執筆や政策提言などにも取り組む。
2012年5月より内閣府障害政策委員会差別禁止部会専門委員。
著書に『困ってるひと』(ポプラ社)、『日本の難題をかたづけよう』(光文社新書・共著)など。2012年、第5回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞受賞。


2012年11月01日

●本日11/1より映画祭チケット発売です!

いよいよ11月突入!
冬の到来を少しずつ感じながら、映画祭本番が近づいて来ました。

さて、本日11月1日のAM10:00より映画祭チケットが発売開始となります!
チケット情報についてもう一度おさらいしますのでご確認ください。

◆チケット価格
チケットはいずれも1プログラム通し券となります。
・一般  前売1200円/当日1400円
・子ども 前売 800円/当日 900円

ただし、以下プログラムは特別料金となります。
・11/23 パルテノン大ホール 「第4回 TAMA映画賞授賞式」 前売2000円/当日2200円
・11/24 ベルブホール 「近くて遠い国」 前売1500円/当日1800円
・11/21、22 ベルブホール 「日本のヌーベルバーグの作家たち」 当日のみ800円
・11/20、21 ベルブホール 「TAMA NEW WAVE ある視点」 当日のみ500円(学生は学生証提示で入場無料!)

◆チケット取扱所
・ローソンチケット
http://l-tike.com/pc/d1/AA01G02F1.do?txtFreeword=%91%BD%96%80%89%66%89%E6%8D%D5
・チケットパルテノン
・啓文堂書店多摩センター店
・くまざわ書店永山店
・アカデミアくまざわ書店桜ヶ丘店
・永山公民館(ベルブ永山)※永山公民館は11/1は休館日のため、11/2からの販売となります。
・関戸公民館(ヴィータコミューネ)

◆注意点
・ローソンチケットのLコード、詳しくはHPのチケットページを御覧ください
 http://www.tamaeiga.org/2012/map/
・下記2プログラムに関しましては販売制限を設けさせていただいております
 →11/23 パルテノン多摩大ホール 「第4回 TAMA映画賞授賞式」 ※1人4枚
 →11/22 ベルブホール 「江頭2:50がTAMA映画祭でピーピーピーするぞ!」 ※1人2枚
・11/1の窓口での販売の際、混雑が予想されますので、その際は係員の指示に従うようお願いします。

◆お問い合わせ先
TAMA映画フォーラム実行委員会
事務局直通:080-5450-7204
E-mail:info_at_tamaeiga.org(_at_を@に変えてお送りください)

皆さまのご来場をお待ちしております!

2012年10月05日

●映画祭運営ボランティア<たまシネマ隊>募集中です ―経験者が語る Vol.2―

第22回映画祭TAMA CINEMA FORUMの準備が大詰めのいま、映画祭の運営ボランティア<たまシネマ隊>も大募集中です!! 10月14日(日)には2回目の説明会を開催します。説明会の詳細や募集の条件などはコチラをご確認ください。たくさんのご応募、お待ちしています!!


さて、先月に続きもう一人、たまシネマ隊として参加した後に実行委員となった方の声を紹介します。実行委員5年目・Yさんです。


――なぜたまシネマ隊に参加したのですか?
大学卒業後の9月、学生のときから地域活動として知っていたTAMA CINEMA FORUMにかかわることにし、時期的なこともあって初年度はたまシネマ隊として映画祭の運営に携わることになりました。もともと学生の時から多摩市の市民活動にはかかわりがありましたが、TAMA CINEMA FORUMには観客として参加していました。映画祭の規模の大きさと積み重ねてきた年数、地域の文化を創造するという想いに触発され、一度はスタッフとしてかかわってみたいと思うようになりましたね。


――はじめての映画祭ではどんな仕事をしましたか?
ひととおりの担当はしたと思います。ホール内の案内係、開場前の列の整理、チケットもぎりなど。サプライズでゲストの女優さんに舞台上でお礼の花束を渡すというチャンスもいただきました。


――たまシネマ隊として映画祭の運営に関わった感想は?
映画は語リあうことで深まるものだと強く感じました。上映までの慌ただしさから一転、上映中になると実行委員やたまシネマ隊の仲間たちとさまざまな話をしながら、次の上映にむけて準備していきます。その時間にした幅広いメンバーとの会話から気づかされることは、なかなか得難いものだと思ったんです。いま思えば、これが市民が集まって手づくりしている映画祭ならではのあたたかさですよね。


――どうして実行委員になったのですか?
一度、たまシネマ隊をやってみたら、多くのひとは実行委員としてもっと深くTAMA CINEMA FORUMにかかわりたいと感じるのではないかと思いますけどね。私の場合はごく自然な流れでそうなりました。自分も企画を立案し、上映にしっかり関わることで交流の架け橋になれるかな、と。普段は会社勤めをしていますが、地域のひととのつながりも大切にして視野を広げていきたい、という思いもあったかも。実際にそれはあって、継続して実行委員をさせていただいている動機のひとつです。


cinematai-kantai.jpg
↑ 会場のスタッフで記念撮影(第21回映画祭TAMA CINEMA FORUM)

2012年10月04日

●第13回TAMA NEW WAVEコンペティション ノミネート発表!! 「ある視点」上映作品も

TNW13.jpg


多数の応募作品が集まった第13回TAMA NEW WAVE。10月1日(月)にコンペティションのノミネート作品と「ある視点」上映作品を発表いたしました。2012年11月18日(日)のTAMA NEW WAVE コンペティションでは、公募の一般査員(50名)・ゲスト審査員・実行委員会の審査・投票によりグランプリをはじめ各賞を決定します。一般審査員の募集についてや、ゲスト審査員について、上映スケジュールについては決定次第お知らせいたします。


第13回TAMA NEW WAVEコンペティション ノミネート作品
(作品名あいうえお順)

かしこい狗は、吠えずに笑う(渡部亮平監督)
大童貞の大冒険』(二宮健監督)
月の下まで』(奥村盛人監督)
ひねくれてもポップ』(村松英治監督)
魅力の人間』(二ノ宮隆太郎監督)

※11月18日(日)ヴィータホール(多摩市立関戸公民館)で上映

.

TAMA NEW WAVE ある視点 上映作品
(作品名あいうえお順)

明日の声、昨日の部屋』(狩野嵩大監督)
甘噛み、む、め、』(古地良子監督)
いつかのピクニック』(吉川信幸監督)
激情とビードロ』(山田慧伍監督)
恋する小説家 』(上田慎一郎監督)
十秒後ランドスケープ』(萱野孝幸監督)
ソクラティック・ラブ』(早坂亮輔監督)
飛び火』(永山正史監督)
拝啓、ヨーコちゃん』(村山宗一郎監督)
春、疾風 2011.8~2012.5』(竹浪春花監督)
ぼくだけの宿題』(耳井啓明監督)
ムネオイズム2.0』(金子遊監督)
YOBIMIZU』(堀江貴大監督)
ロスト・マイホーム』(辻野正樹監督)

※11月20日(火)および21日(水) ベルブホール(多摩市立永山公民館)で上映