INDIES in TAMA Vol.16

INDIES in TAMA Vol.16 2002.7.7 (日) 13:00 Start (12:30 Open)
 
山本政志 Deep Carnival
 
チラシ 今回は、海外でも注目される俊英、山本政志監督の初期の代表作、「闇のカーニバル」と、TVKでのみ放映された、「JUNK FOOD」メイキングの上映。さらに予告編特集&トークショーとして、今までの作品の予告編を上映しつつ、監督に作品論や知られざるエピソード。さらには、ファンにとっては十年越しの待望作、「熊楠」についての進捗状況などを語っていただきます。

 
■日時・会場■
 
7月7日(日) 13:00より(12:30開場)
会場:ベルブホール(多摩市永山公民館)
(ベルブ永山5F・京王・小田急線永山駅下車徒歩3分)
 
■入場料■
 
前売:一般 1100円、学生(大学生まで) 900円
当日:一般 1200円、学生(大学生まで) 1000円

チケット販売所:下高井戸シネマ、BOX東中野、トリウッド、
        シネ・アミューズ、多摩市立永山公民館(ベルブ永山)
 
■Time Table■
 
13:00-14:58 「闇のカーニバル」
15:10-15:40 「JUNK FOOD」メイキング 
15:50-17:20 予告編カーニバル&トークショー
       ゲスト:山本政志監督、
       聞き手:TAMA映画フォーラム実行委員 安藤
       ※終了後に、ゲスト・観客・スタッフによる懇親会を実施
 
■上映作品■
 
『闇のカーニバル』(1981年・16ミリ・パートカラー(118分))
 
[STAFF/CAST]
製作       伊地知徹生、山本政志
監督・脚本・撮影 山本政志
映像       今泉尚、伊藤寛
美術       松原玉
演出補      諏訪敦彦
美術       松原玉
出演       太田久美子、桑原延亮、江戸アケミ、EBBY、
         遠藤ミチロウ、じゅね、伊藤耕
 
[ストーリー]
子連れの女性ロック歌手が子供を一晩男友達に預けて、新宿の街にトリップしていく。映画は彼女の行動を追いながら、都市の欲望と闇の部分にスポットを当てる。早朝のカラスの群れも印象的だ。(ぴあシネマクラブより抜粋)
 
闇のカーニバル
 
『JUNK FOOD』メイキング(30分)
製作:大宮映像製作所
 
JUNK FOOD
 
■監督プロフィール■
 
1956年生。初の16mm作品『闇のカーニバル』は、ベルリン映画祭やカンヌ映画祭でも上映された。その後、35mm映画『ロビンソンの庭』にて劇場用映画デビュー。
 
山本政志監督 ロビンソンの庭 てなもんやコネクション リムジン・ドライブ
 
主催・問い合わせ:TAMA映画フォーラム実行委員会
TEL:042-337-6661 (多摩市立永山公民館内)
E-mail: indies@tamaeiga.org