INDIES in TAMA Vol.13

Indies in TAMA Vol.13 2001.10.21 (日) 13:00 START
井土紀州スペシャル
待望の新作『ヴェンダースの友人』がIndies in TAMAにてプレミア上映決定!!お見逃しなく!
〈井土紀州プロフィール〉
'68年三重県生まれ。脚本家として瀬々敬久監督とのコンビ(「雷魚」、「RUSH!」など)で知られる一方、監督として自主制作で「百年の絶唱」を発表、ユーロスペース他で公開し大反響を巻き起こした。今年公開の青山真治監督作品、「路地へ 中上健次の残したフィルム」では、紀州出身の映画作家として出演している。


■プログラム■
■「百年の絶唱」('98年 / 87分 / 8mm)
(16mmブローアップバージョンでの上映)
中古レコード屋でアルバイトをしながら、別れた女のことが忘れられずに虚ろな日々を送っている青年平山。
彼には作詞家になるという目標があるが、才能も気力も無い。ある日、失踪した男が残したレコードを引き取ってくれという依頼が舞い込み、平山はその部屋を訪れた。
それから徐々に彼の周りで異変が起こり始める。
主人公・平山の空虚で希薄な生と、その裏に秘められた熱狂への希求が暴力的な振幅の中で描かれてゆく。
■「ヴェンダースの友人」('00年 / 80分 / ヴィデオ)
数年前、東京で『三枚のアメリカのLP』を中心にヴィム・ヴェンダースの初期の短編がたった一度だけ上映された。その会場で井土は十年ぶりにある友人と再会した。この作品はその友人との交友を軸に「映画における歌」を考察してゆくものである。
steel photo steel photo steel photo
■トークショー■
井土紀州×鈴木卓爾(映画監督・俳優)
幅広く活躍する同世代の2人に、映画について語ってもらいます!
■日時・料金・会場■
10月21日(日) 13:00より
(★トーク終了後、ゲスト、観客、スタッフによる懇親会あり)

会場:多摩市永山公民館内多目的ホール
(ベルブ永山5F・京王・小田急線永山駅下車徒歩3分)

入場料金:1000円 (当日のみ)
主催・問い合わせ:TAMA映画フォーラム実行委員会
TEL:042-337-6661 (多摩市立永山公民館内)