ショートフィルムセレクション『REMIX』上映会

B-Program TAMA NEW WAVE presents『REMIX』



●『いじめっ子はブッ殺せ!』山岡大祐監督
●『真夜中の散歩』高柳元気監督
●『私が幸せでいるという事』深川栄洋監督
●『プレリュード/ニワトリ』日向朝子監督
●『梵天』佐藤圭作監督

   ●・・・・A-Program作品紹介へ


『いじめっ子はプッ殺せ!』



28min
脚本・監督:山岡大祐
撮影:国松正義 
録音:小笠嘉士
    前田こうじ
出演:古澤裕介、石川 謙、村田啓治 ほか

●STORY
大学のイベントサークル運営に成功し自信をつかんだ、かつてガリ勉の「いじめ られっこ」だった男が、昔自分をいじめた相手に会いに行く。 男は「いじめっこ」に謝罪を要求するも、失業中の相手は対価として男にお金を 要求してきた。
そして訪れる意外な結末とは……?

●ここがオススメ!
さすがダメ人間映画のマエストロ。登場人物すべてが見事にダメオーラを放って いて、出てくるだけで笑える!もはや職人芸と言ってよいでしょう。(TCF黒川由美子)

●山岡大祐(やまおか だいすけ)監督

1975年浜松出身。ダメ人間映画のマエストロとして、ダメ人間映画だけを上映するイベント 『東京ダメ人間オーケストラ』を毎月下北沢トリウッドで開催中。
2002年中篇ダメ人間映画 『君にありがとう』が下北沢トリウッドで1ヶ月ロードショーおよび第3回 TAMA NEW WAVE で一般審査第1位。
また今後が期待される映画監督として、佐藤圭作監督の『二花子の瞳』 とともにINDIES in TAMA Vol.18にて特集される。
03年森下千里、水橋研二主演の劇場公開映画 『自殺マニュアル』(福谷修監督)のメイキングを担当。現在商業短編映画『LOVE KILLS(仮)』 の準備中。
http://www.angel.ne.jp/~alec/


『真夜中の散歩』


2003年
DV/12min

監督/脚本/撮影/編集:高柳元気
音楽:The Low Numbers
キャスト:北澤糊子、佐々木慎一、杉原k-1、シスコ、工藤智典

●STORY
真昼間の公園で泣き叫ぶ30代半ばの女とそこを偶然に通りかかった20代半ばの新 聞拡張員の男が出会い、別れるまでの一日を「真夜中の散歩」というロマンティック な曲にのせて描いた作品。

●ここがオススメ!
心地いい音楽にのせて、泣き喚く理由ありの女とぶっきらぼうだけど実は優しい 男が出会う。愛まで行かないほのかな優しさぐっときて思わずホロリとなります。 (TCF小里貴子)

●高柳元気(たかやなぎ はるき)監督

1979年埼玉県生まれ。
大学在学中より自主映画制作をはじめる。
大学在学中に制作した作品が「ひろしま映像展」、「東京学生映画祭」、「京都国際学生映画祭」 などの数々の映画祭に入選。
大学卒業後に制作した「あのコがいねぇ」は「第25回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワ-ド 2003」入選、第4回TAMA NEW WAVEコンペティションノミネートおよび「ひろしま映像展2003」 グランプリを受賞。

『私が幸せでいるという事』

2001~2002年
DV/カラー/32min

監督・脚本:深川栄洋
撮影・照明:日暮謙、多田正悟、飯塚健、坂元啓二
音楽:米田望
製作:ジャンピングニー

出演:高木珠里/町田彦衞/磯部美香/市川しんぺー/羽田謙治 /横畠愛希子/ 阿竹花子/安倍健太郎/岩淵貞太/岡崎恭和/近藤輝明/杉田明彦/関寛之/ たかぎまゆ/武沢宏/野原千鶴/平林きみえ/吉原朱美

●STORY
一人の結婚適齢期を迎えた主人公の宏子が、恋愛を中心に幾つもの試練を体当た りで乗り越えようと奮闘し、倒されても立ち上がり、明日に向って踊りだす、そんなした たかな姿をとらえた作品。

●ここがオススメ!
恋人同士にはそこにしか通じない世界が成立するもの。主人公・宏子と弘道クン の世界を覗いてしまうといとおしくハマッてしまうこと間違いなし。(TCF小里貴子)

●深川栄洋(ふかがわ えいよう)監督

1976年生まれ。
専門学校東京ビジュアルアーツに入学。卒業制作「全力ボンバイエ!」 (97年/16ミリ/30分)が第2回京都学生映画祭入選、第2回水戸短編映像祭では水戸市長賞を受賞。 ぴあフィルムフェスティバル/PFFアワードに連続入選した「自転車とハイヒール」 (2000年/16ミリ/60分)が第2回 TAMA NEW WAVEフィルム部門でグランプリを受賞、 同時に主演の吉井信興が主演男優賞を受賞。2002年のゴールデンウィークにBOX東中野にて 3週間のレイトショー公開を行い、1300人以上の観客を集め大成功をおさめる。
映画評論家の北川れい子さん、ナイロン100℃のケラリーノ・サンドロヴィッチさん、 あがた森魚さんらが新しい才能と絶賛し、次回作に期待を寄せている。
ビデオによる短編シリーズ「私が幸せでいるという事」を企画、制作し、第2話 「始まりの終わり」(2002年/ビデオ/8分)が第2回フジテレビショートショートグランプリ 大会で準グランプリ、撮影賞を受賞し、「北の国から」演出の杉田成道監督から賞賛される。

『プレリュード』

2003年
DV/color/2min

監督・脚本・編集:
日向朝子
撮影:斎藤徳暁
演奏:NATSUKO
演奏協力:加藤みちる
助監督:木村明子
出演:杉山彦々

●STORY
元来グータラな性格の僕が、夏になると毎朝9時には目を覚ますのが日課になる のだから不思議だ。8/30、隣のなっちゃんから「となりのお兄ちゃん」である主人公” 僕”に、一枚の葉書が届く。何かが始まる・・・?

●ここがオススメ!
たった2分の中で、「なっちゃん」と僕のかわいらしい出来事にほんわかな気分に させられる。 観たあと思わずニンマリしてしまう作品です。(TCF小里貴子)

『ニワトリ』

2003-2004
DV/color/24min

語り・監督・脚本・編集:日向朝子
原作:山本文緒
「ニワトリ」
(短編集「ブラック・ティー」より)
撮影:中堀由衣子
音楽:野崎美波
美術:木村明子
録音:福井琢 スチール:斎藤徳暁
出演:小林可奈子、江口のりこ、杉山彦々、須田邦裕、    渡邊美香、守屋文雄、上乗直子、冨永昌敬、大河原明子、鈴木龍一郎、小松梨乃、上村 聡

●STORY
ニワトリはトサカを振ると物事を忘れてしまう。主人公・晴子は、妹からニワト リと言われる程の忘れんぼう。ある日、晴子の首が回らなくなった。これまでの自分に気づく が、返しきれないほどの忘れ物が押し寄せてきて・・・。

●ここがオススメ!
モノを貸し借りする仲って、そこには信頼関係が成立していたんだなと改めて気 づかされて、思わず忘れんぼうな主人公を自分のことのように応援しちゃう。(TCF小里貴子)


●日向朝子(ひゅうが あさこ)監督

1978年生まれ。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒。
在学中に映画製作を始める。短編映画「SEESAW」を基に執筆した初の長編脚本「SEESAW」が
映像作家の登竜門、サンダンス・NHK国際映像作家賞2003日本部門にて優秀賞を受賞。
現在は、劇場公開用映画の企画・脚本に携わる一方で、自身の長編脚本「SEESAW」を映画化
に向けて準備中。創作の原点となる短編映画制作も続けている。
2001年に制作したオムニバス中編『万・華・鏡』にて第2回TAMA NEW WAVEFilm部門ノミネート。


『梵天』

2004年/劇映画
DVCPRO/24min

監督・脚本・編集・製作:佐藤圭作
撮影:松岡手品、田中 武
照明:青木孝夫
美術:梶田英司
音楽:柳田しゆ
出演:水野佑美、葉山レイコ、辻村浩司、火田詮子、中垣也須子 ほか

●STORY
恋人の暴力で耳に傷を負った娘は、ある日、耳そうじ屋を訪れる。耳の粘膜をく すぐる快楽に魅せられた娘。その快感は、娘を少しずつ強くしていく。 耳そうじ屋の女性と不幸なOLとダメ男が織り成す、清楚で妖しい愛のお話。
「梵天」【ぼんてん】……耳かきについている白いふわふわのこと

●ここがオススメ!
偏執的完璧主義者、佐藤監督がおくる美しく、エロティックな「絵空事」の世界 。きわどい話なのに下品にならないのは監督の美学が行き届いているから?(TCF黒川由美子)

●佐藤圭作(さとう けいさく)監督

東京都生。
脚本を担当した1999年作品『NEZI ~The Night of the Clazy Screws』にて 第3回インディーズ・ムービー・フェスティバル第5位。
初監督作品の『二花子の瞳 ~にかこ、の、ひとみ~』にて「TAMA NEW WAVE」グランプリ。
「ハンブルグ国際短編映画祭」(ドイツ)、「リール映画祭」「TOKYOZONE2」(以上、フランス)、 「プラネット映画祭2002」「みちのく国際ミステリー映画祭」「SHOBI FILM FESTIVAL」にて上映。
第二回監督作品『西瓜と羊羹』は 第四回TAMA NEW WAVE招待。
第三回監督作品『梵天』はプラネット映画祭2004入選他、審査待ち