ショートフィルムセレクション『REMIX』上映会

A-Program TAMA NEW WAVE presents『REMEX』



●『ここからの景』岩田ユキ監督
●『メガネの恋』浅原裕貴・高原浩人監督
●『LOCO white/LOCO red(CUP MAN PVより)』神酒大亮監督
●『梅心中(連作短篇集「SEXTET」より)』伊刀嘉紘監督
●『テトラポッド・レポート』冨永昌敬監督

   ●・・・・B-Program作品紹介へ

『ここからの景』

15min
監督・脚本・編集:岩田ユキ
助監督:楠 俊之、松村良洋
撮影:滝田佳子
録音:市村真美、佐藤アツシ
出演:浅田理芳、佐藤穂奈美、三浦百合香、鉢嶺杏奈、及川 勝 ほか



●STORY
三葉歩は、自分をzごく普通の中学1年生だと思っていた。あの屈辱的な学級新聞 を目にするまでは……。クラスの嫌われ者の乙女、姿子と屋上で語る歩。ここからは 、一時間目の景色がよく見える――。 こずるくて、たくましくて、チャーミングな女の子たちの映画。

●ここがオススメ!
とにかくセンスがいい!「学校」という小さな世界の中での「大事件」。誰もが 味わったことがあるような感情がよみがえってきて、15分だけ十代になれる映画です。 (TCF黒川由美子)

●岩田ユキ(いわた ゆき)監督

キャラクターデザイナー、イラストレーターなどを経て、 28歳で映像を学び始める。
「2002年ショートブレイク大賞」を受賞した処女作『お別れのあいさつ』など、 自作の着ぐるみが登場する作品3本を制作。
初の日常ドラマとなる本作では、 「長崎ピースな映画祭グランプリ」なども受賞している。

●賞暦(『ここからの景』)

第3回PJ映画祭 エンタマニア371賞
長崎ピースな映画祭 最優秀賞・観客賞
長岡アジア映画祭 グランプリ
仙台短編映画祭ショートピース! 観客賞


『メガネの恋』

監督:
浅原裕貴/高原浩人
音楽:
少年クラシック/
水木智英(mejiri)
出演:
越智寛和/
山内ナポリ/
南澤克彦(mejiri)




●STORY
メガネしか愛せない女と、彼女をめぐる二人の男。そこにメガネはあるのかい? 新型メガネショートムービー!!

●ここがオススメ!
とにかく可愛い作品です。彼女の気を引きたいばっかりに視力を落とす主人公の 健気さが滑稽でだけれども心が暖まります。誰かを一生懸命好きになるっていいなと思 える作品です。(TCF浜崎裕子)

●浅原裕貴監督(あさはら ひろき)

1974年生 松阪市出身、広島県在住。
2002年より高原と共に、映画制作、美術評論 パフォーマンス、詩を詠む会など幅広く展開中。θproject所 属。

●高原浩人監督(たかはら ひろと)

1979年生 鹿児島県出身、広島県在住。
広島のテレビ番組「ジョブジョブ」ディレクター、
映画制作、ミュージックビデオ制作、美術評論パフォーマンス、
詩を詠む会など幅広く展開中。θproject所属。

『LOCO white』



監督:神酒大亮
出演:KOZUE・ 鎌田啓希 ・LOCO
写真:中村 高広
作曲演奏:ハマダ オウイチロウ
上映:骨董通り映画祭『Peace Edge Film Festival vol.0』




『LOCO red』



監督:神酒大亮
出演:ACO
写真:LOCO~のLOCOのり
作曲演奏:野村彰浩
協力:アートスペース・誓願寺・伏見稲荷
照明:須山直哉・岡田実恵

●STORY
世界でただ一人の紙コップアーティストLOCOの創作したコップ人間のPV作品。 LOCO blue、 LOCO white、LOCO red3作品から2作品を上映します。

●ここがオススメ!
とても色彩感がでていてその美しい画にまず圧巻。コップ人間をキーワードとして描かれる 不思議な世界観を、なにも考えず体感してください。とにかく心地よい映像です。(TCF浜 崎裕子)

●神酒大亮(みき だいすけ)監督

'75年生。
'00年にアーティストチームθproject(シータプロジェクト)結成。
「ブルームーンカフェ」以降、長編映画「FALA」「sugarless」を制作。
両作とも体感音楽映画として発表。「新しい映画の遊び方」を提案している。
スタイリッシュな映像、洗練された構図、息をのむストーリー展開で、ぴあフィルムフェスティバル入選、3度のひろしま映像展 グランプリなど数多くの賞を受賞している。
現在CMやミュージッククリップ、モバイル用 映像制作等、幅広く活躍している。
長編映画『Mine』で第4回TAMA NEW WAVEコンペティショングランプリを受賞。

●LOCO

http://www.daysleeper.jp/~loco/
1976年9月 茨城県生まれ。
世界で只一人の紙コップアーティストとして1000人での
糸でんわパフォーマンスや、たけしの誰でもピカソ出演。
作品を通して人と人とのつながりを提案している。
2003ベネチアビエンナーレに招待されパフォーマンスを行う。
2004年3月初エッセイ『LOCOMOTION』出版。

『梅心中』

  2003年/ハイビジョン短編
カラー/34min

監督・脚本:伊刀 嘉紘
撮影監督:永野 敏
製作 西田 敬
音楽:クロノイ・プロトイ
出演:粟田 麗(「五条霊戦記」 「Shady Grove」)、宮本 大誠(「こころ」 「HAZAN」)

●STORY
女は両腕を失い、姉の介護のもとで暮らしている。男は両腕を骨折中の便利屋。 雨の日に女は心中を依頼する。梅コースで。「死ななくちゃいけない理由」を説明するの は難しいが、「生きてないといけない理由」を探すよりは易しいこと。腕を使えない二人はぎ こちなく愛しあい、やがて希望が芽生え始めたとき、世界に異変が起こった...。
☆★ 両腕義手の女と両腕骨折の男の恋愛奇譚 ★☆

●ここがオススメ!
衝撃を受けました。最近見たどの劇場用映画より印象的であとを引く。幸せな人 生って・・・?と考えさせられる物語。必見!(TCF黒川由美子)

●伊刀嘉紘(いとう よしひろ)監督

1970年生まれ 映像作家
おもな作品に「100匹目のサル」、「笑う胃袋」、「イマジナリーライン」、「SEXTET」など。 みちのく国際ミステリー映画祭オフシアター部門グランプリ、Asian International Film Festival グランプリ、釜山アジア短篇映画祭など多数の映画祭で入選・上映。

●http://www.fides.dti.ne.jp/~yito

『テトラポッド・レポート』

2003年 DVCAM
カラー/スタンダード/15min
                     監督・脚本:冨永 昌敬
撮影・照明:月永 雄太
録音・整音:山本タカアキ
音楽 福中ラジオ局:尾本 貴史
アニメーション:
上乗 直子
制作進行:荒木 孝眞
助監督:鈴木龍一郎、横大路 伸
撮影助手:大河原明子、佐藤 有記
出演:
福津 泰至、木村 文、杉山 彦々、児玉百合香 平野 聡子、嘉悦 基光 、本多 照長 、立木 寛之
声の出演:
山岸 潤美、青島 海平

●STORY
伝説のクレイアニメーション映画「虚穴遊戯」の上映会場。最前列の座席で、ひ と組の男女の死体が発見された。「心中である」「陰謀である」、ふたつの説を巡るも うひと組の男女の途方もないやりとりは、獄中の<監督>から寄せられた肉声テープによっ て決着を迎えることになる。

●ここがオススメ!
15分の作品とは思えない内容の濃さ。そして幾重にも重なるナンセンスな展開。 気づくと作品に引き込まれて行く、冨永ワールドを是非体感してください。作中のクレイ アニメーションの不気味さは必見です。(TCF浜崎裕子)

●冨永昌敬(とみなが まさのり)監督

75年愛媛県生まれ。99年日本大学芸術学部映画学科卒業。
卒業制作の『ドルメン』(99)がドイツのオーバーハウゼン国際短編映画祭にて審査員奨励賞を受賞。
初めてのビデオ作品『ビクーニャ』(02)が02年水戸短編映像祭グランプリを受賞。
ほかに『亀虫』シリーズなど。短編作品多数あり。