第28回映画祭TAMA CINEMA FORUM

第19回TAMA NEW WAVE

―日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発見

30分~100分の中・長編作品を対象とした若手作家のコンペティション、TAMA NEW WAVEコンペティション。第19回目の本年度は、全国から集った応募作品173作品のなかから実行委員の1次審査、2次審査の結果、コンペティションノミネート5作品が決定いたしました。

11/23(祝・金)にヴィータホールにて開催されるコンペティション当日はノミネート作品を一挙上映し、実行委員票と一般観客(=事前応募の“一般審査員”)投票の合計点が最も高かったものをグランプリ、ゲストコメンテーターが選定した作品を特別賞として表彰します。上映後に行われるゲストコメンテーターを迎えてのノミネート監督とのトークも必見です。

また、審査員の実行委員に強く支持された作品を「ある視点」部門にて11/20(火)、11/21(水)、11/22(木)の3日間にわたって上映します。こちらも個性溢れる作品揃いの見逃せないプログラムとなっております。日本映画界に新風を送り込む新しい才能に、是非ご注目ください。

・過去のTAMA NEW WAVE情報

コンペティションノミネート

オーファンズ・ブルース
[89分/監督:工藤梨穂]
カルチェ
[70分/監督:植木咲楽]
チョンティチャ
[40分/監督:福田芽衣]
ドブ川番外地
[82分/監督:渡邉安悟]
向こうの家
[82分/監督:西川達郎]

ベスト男優賞・ベスト女優賞ノミネート

TAMA NEW WAVEコンペティションでの観客投票によって決まるベスト男優・女優賞。
今年のノミネートは下記の皆様に決定いたしました。

    男優賞ノミネート
  • 上川拓郎『オーファンズ・ブルース』
  • 木村知貴『カルチェ』
  • 秋葉智人『チョンティチャ』
  • 北垣優和『ドブ川番外地』
  • 望月歩『向こうの家』
    女優賞ノミネート
  • 村上由規乃『オーファンズ・ブルース』
  • 高橋彩音『カルチェ』
  • 長月凜『チョンティチャ』
  • 水城希海『ドブ川番外地』
  • 大谷麻衣『向こうの家』

11/23(祝・金)に開催される第19回TAMA NEW WAVEコンペティションにおいて、当日ノミネート全5作品を観賞し、グランプリ作品に投票する一般審査員を募集いたします。一般審査員の詳細・応募方法については、こちらのページにてご確認ください。

TAMA NEW WAVE ある視点 Vol.1

あなたにふさわしい
[83分/監督:宝隼也]
52ヘルツの鯨
[97分/監督:阿部綾織]
シアノス
[40分/監督:松本剛]
すばらしき世界
[40分/監督:石井達也]
撤退、及びそれに伴う孤独についてのブルースと超越論的銃撃戦
[59分/監督:松浦真一]

TAMA NEW WAVE ある視点 Vol.2

さらば大戦士トゥギャザーV
[77分/監督:松本純弥]
Thank you for coming
[100分/監督:吉田真由香]
ただ・いま
[38分/監督:辻󠄀秋之]
dear TOKYO
[30分/監督:堀井綾香]
棘の向き
[30分/監督:キム・テヒョン]

TAMA NEW WAVE ある視点 Vol.3

ヴィニルと烏
[31分/監督:横田光亮]
歌ってみた 恋してみた
[75分/監督:西荻ミナミ]
想像だけで素晴しいんだ -GO TO THE FUTURE-
[93分/監督:アベラヒデノブ]
茶漬けの味
[54分/監督:堀田圭一郎]
リクエスト・コンフュージョン
[39分/監督:マキタカズオミ]