11月24日(土)ベルブホール第3部

祝!デビュー40周年記念・あがた森魚特集

    チケット料金
  • 一般:前売1,200円 当日1,400円
  • 子ども(4歳~小学生):前売800円 当日900円
  •  
  • Lコード:31682

僕は天使ぢゃないよ

1974年/イエロー・ツウ・カンパニー製作/1時間26分
  • 原作=林静一
  • 監督・脚本=あがた森魚
  • 撮影=宮崎哲郎

  • 音楽=あがた森魚、ティン・パン・アレー、松本隆

  • 出演=あがた森魚、斉藤沙稚子、緑魔子、桃井かおり、泉谷しげる、鈴木慶一、大瀧詠一、横尾忠則

  •    岡本喜八
僕は天使ぢゃないよ

ストーリー

 駆け出しのアニメーター、イチロー(あがた)は四畳半のアパートで恋人のサチコ(斉藤)と暮らしている。漫画家を志すイチローとサチコの切ない恋物語と周囲の男女の生きる様子が1970年代初頭の色合いをまとい描かれていく。

コメント

 私がこの作品を初めて観たのは約10年前のBOX東中野(現:ポレポレ東中野)。こんな作品を20代前半で作ってしまうなんて、あがた森魚は天才だ!と一緒に観た夫と帰路、興奮して話したものでした。

 つじつまが合わなかったり、突然びっくりするような展開だったりもします。けれど、林静一の作品を音楽にしてみたい、映像にしてみたいというあがたさんの熱のようなものや、周囲もそれを支えたことがよく伝わってくる作品です。

 今年はあがたさんがデビューされて40周年。そしてこつこつと映像作品も作り続けられ、定期的に上映会をされています。あがたさんの「今」と「原点」の両方を多くの方と一緒に味わい、40周年のお祝いをできたらと思います。

 最後に、今からちょうど30年前、糸井重里さんが編集責任者だった「ヘンタイよいこ新聞」で「あがた森魚」という存在を私に教えてくれた矢野顕子さんと、昨年あがたさんご本人に会わせてくださった森達也さんに感謝を申し上げます。(越)

ゲスト紹介

あがた 森魚 氏

Agata Morio

 1948年生まれ、北海道出身。72年「赤色エレジー」にてデビュー。20世紀の大衆文化を彷彿とさせる幻想的で架空感に満ちた作品世界を音楽、映画を中心に展開。2011年「俺の知らない内田裕也は俺の知ってる宇宙の夕焼け」「誰もがエリカを愛してる」「コドモアルバム」(あがた森魚と山崎優子)をリリース。12年、5月デビュー40周年記念アルバム「女と男のいる舗道」、10月ベルウッド初期3枚のリイシュー、11月ベスト盤「あがた森魚ベスト大航海40年史」をリリース。12月15日には出演作、映画『妖怪人間ベム』が公開となる。

あがた森魚公式HP http://www.agatamorio.com/

TCF twtter

公式アカウント @tamaeiga ハッシュタグ #tamaeiga