• パルテノン多摩小ホール
  • パルテノン多摩大ホール
  • ベルブホール
  • ヴィータホール

11月24日(木)ベルブホール第2部

TAMA NEW WAVE ある視点――アーティスティック・ナイト――

チケット料金:当日券のみ500円 ※学生は入場無料

ALEX into the DARK

2011年/HD/51分
  • 監督・脚本=二宮健
  • 撮影=山本翔太

  • 音楽=角谷博栄、tak 10% pa、TAKUYA TAKEHARA、Casilofi、maou、二宮健

  • 出演=千葉悠平、角谷麻衣、野口文香、小野亮子、角谷博栄

二宮 健監督

1991年、大阪府出身。幼い頃から映画制作をし、高校時代には映画甲子園などで賞を受賞。昨年「Apollo chocolatE GIRL」が本映画祭ある視点にて上映。大阪芸術大学在学中。

作品紹介

セックスをすると死に至る奇病が蔓延する終焉世界。孤独な少年アレックスは恋人を親友に奪われ、絶望に苛まれていた。彷徨うアレックスはある少女と出会い、幻想の世界にのめり込んでいく…


監督からのメッセージ

様々な表現や役者の熱演、徹底してこだわった音楽など見応えのある野心作です。愛がテーマの壮大で繊細な物語が、観る人の特別な感情に届くことを祈っています。

狂々スタント狂想曲

2011年/HD/43分
  • 監督・脚本・撮影・編集=玉井雅利
  • プロデューサー=矢部大

  • 出演=佐藤元、藤澤志帆、黒田朋樹、黒田昌樹、坂口拓、下村勇二、柿添清

玉井 雅利監督

1985年、愛媛県出身。大学卒業後、役者として上京する。撮影現場にて、スタッフの動きを盗みながら、独学で映画製作を学ぶ。映画監督作品は今回が初めて。

作品紹介

『スタントマン』……それは、常に死と隣り合わせの職業。日本のスタント業界は、海外に比べ保証が充実していない。それでも、この業界で成功を収めようとする4人の若手がいた。これは、命を賭けて夢を追いかける姿を追った「映像記録」である。


監督からのメッセージ

スタント業界の厳しさを知り、その現状とスタントマンの活動を映像記録として残しました。彼らの命懸けの姿を見ていただけたら幸いです。

街の音、なにがしの唄

2010年/DV/50分
  • 監督・脚本=鈴木研一郎
  • 撮影=宮川鉄平
  • 音楽=鈴木研一郎・鈴木博子

  • 出演=仲田天使。、阿久澤菜々、小松利光、森麻衣子、渡部直也、札内幸太、ジョニー ほか

鈴木 研一郎監督

1984年、静岡県浜松市出身。早大卒。「ユーモア」「わかりやすさ」「エンターテインメント」を柱とした映像制作を続けている。現在、浜松市市制100周年「100夢プロジェクト」採択事業として、浜松を舞台としたミュージカル映画を製作中。

作品紹介

何年も住んでいるのに、一向に「都会」に慣れることが出来ない「敦」。ある日、とあるきっかけで彼の周りが突然「ミュージカル」を始めてしまう。一体なぜこうなってしまったのか!?


監督からのメッセージ

主人公がミュージカルに参加できない、掟破りのエンターテインメント作品です。楽しんでいただければ幸いです。

ENCOUNTERS

2011年/HDV/30分
  • 監督・脚本・撮影・編集・音楽=飯塚貴士
  • 撮影補助=長尾真莉子

  • 声の出演=飯塚貴士

飯塚 貴士監督

1985年、茨城県出身。筑波大学芸術専門学群構成専攻ビジュアルデザイン領域卒業。2008年、地元牛久市にてワッヘンフィルムスタジオを立ち上げ、人形とミニチュアセット、昔ながらの特撮技法を用いた映画制作を行っている。

作品紹介

青年マックスは恋人に突然別れを告げられたショックで失意の日々を過ごしていた。そんな彼を心配し田舎旅行へと連れ出した親友のジョン。のどかな風景や現地で懐いた野良犬のキフネに癒され、次第に元気を取り戻していくマックスであったが、突然目の前に謎のスーパー怪物が現れて状況は一変。彼らの旅行はエキサイティングなものとなり、様々な人生、野望、陰謀が渦巻く戦いへと巻き込まれていく。


監督からのメッセージ

人形によるアクションと不可解なストーリーを楽しんで頂ければ嬉しいです。

Silent Song

2011/HD/83分
  • 監督・脚本・編集・音楽・撮影=田中柾幸
  • アートディレクター=MIKA
  • 助監督=富永洋

  • 出演=佐藤薫、今村博信、アイミ ローラ、森田聖、名取愛加、永田啓洋、吉田麻莉

田中 柾幸監督

大阪府出身。90年から東京で音楽活動を開始、2008年 映像表現の可能性に目覚め独学で「薔薇の東」を撮り始め、2010年ぴあフィルムフェスティバルにノミネートされる。

作品紹介

そこは花のない世界、伝説の花をめぐる長い戦争下、戦士の兄弟が記憶のない敵国の女を拾う。花を探し続ける三人はやがて残酷な運命によって引き裂かれ、世界は終わりに近づいていく。


監督からのメッセージ

美しくて儚いもの、そこに囚われて出られなくなるような作品を人々と共有したかった。その思いだけで作った架空の世界。サイレント映画の手法を取り入れ、運命に翻弄されていく人々の美しくも悲しい物語をつづりました。花のない世界へようこそ!